2018年7月27日

若手幹部研修会の件

イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ

7月27日(金)
うだる様な猛暑の中、京都京阪三条駅に集合して、若手研修会イン京都を実施致しました。
定刻通り、参加者9名が、予定見学コースの「島津製作所創業資料記念館」に到着、整備された、庭先には、初代創業者「島津源蔵翁」の胸像があり、明治初期創業当時の建屋を利用した、木造資料館により一層の期待が高まった。
洗練された案内嬢の説明に、耳を傾けながら、時代、時代の先端技術の、試作品、実物等を、目にして驚き、わが国の、学校学習実験教材の提供にいち早く取組み、日本の科学技術のいた発展に寄与されました。(小生達が理科の実験で使用した器材もあり、懐かしく見入りました。)
時代を先取りし過ぎて、実用化に至らなかった製品も多々あり、我が国科学技術の進歩の過程を見ることが出来ました。
2002年には、同社より田中耕一氏がノーベル化学賞を受賞し、「島津製作所」の名前を世界に知らしめました。
『技術で、社会貢献を』モットウーに発展をし続ける「島津製作所」の創業から現代に至る社業の変遷を見学して、感動の一言でした。
見学会の後、真向かいの「がんこ 高瀬川 二条苑」の庭園を散策し、懇親会に移りました。参加者若手の会話や、雰囲気作りで大いに盛上がり、有意義で楽しい京都のひと時を満喫致しました。

事務局 中野


<ホームに戻る>