2018年9月11日

第2回 昼食会の件

イメージ

去る9月11日(火)12:00~本年第2回目の昼食会を実施した。
参加企業13社(16社中)、先ずは、米澤 理事長の挨拶から始まり、昼食をしながらの、世間話から、情報交換、13時からメインテーマの「働き方 改革」について、羽曳野労働基準監督署の主任監督官より講義を受けた。
引続き、(株)ゴキゲンホールディングス 代表取締役CEO 戎 氏より「リバースオークション」によるコスト最適化の提案について、説明を受けた。

  • 「働き方 改革」講師 羽曳野労働基準監督署第2方面主任監督官 上田 卓司
    国策でもある、働き方改革法案の実施予定に伴い、現状との相違点や、「労働基準法、労働安全衛生法、労働時間設定改善法」の改正等説明がありました。
    しかし、本日現在まだまだ、法的に整備されておらず、ある程度、推定の域を脱し得ない説明でした。
  • 「リバースオークション」によるコスト最適化の提案について:間接経費の削減を目指して、家賃賃料、電力、OA機器、傷害保険、通信費等の入札による、専門家による最安値の価格交渉(現行使用機器等は変更せず)、無料診断、完全成功報酬性など、今後、経営に必要な、間接経費の現状分析と診断を的確に行う仕組みの説明があった。
  • 事務局 中野

PDF資料1
PDF資料2
PDF資料3


<ホームに戻る>